ネイリストの仕事内容は?!華やかだけではない!裏のウラ事情✯

ネイリストになるには

スポンサーリンク

ネイリストとは爪を美しくする
爪のプロフェッショナル」です。
 

爪の構造や病気のこと、使用している道具の正しい使い方をしっかり学んで検定試験を受験して資格を取得している人がほとんどです。
 
なかには検定を取得しないでネイリストとして仕事をしている人もいます。
 

日本ではまだ国家資格ではないので、知識や資格がなくてもネイリストとして働くことでできちゃいます!!

 

爪の知識がないのにお客様の施術するのとても危険なことです。とはいっても最近のネイルサロンは研修制度がしっかりしているので、無資格や未経験でもしっかりと研修を受けて社内テストに合格してからデビューという流れになります。

 

ネイリストは、お客様に安心してネイルを楽しんでいただけるように、常に最新の知識や技術も磨かなければなりませんね。
 

流行をいち早くキャッチして常に新しい技法だったりデザインを生み出だしていきます。
 
日頃がらアンテナをはっていなければなりません。

 

それに加え、接客業なのでお客様への対応力が必要です。
 
全員に同じ接客をするのではなく、一人ひとりに合わせた対応力を磨くことです。
 
これは経験を積まないと身につくものではありませんね。
 

美容系の仕事は、華やかってイメージしかされないことが多いのですが、裏では日々努力をしていかなければなりません。
 

なぜ頑張れるのかというと「ネイルの仕事が大好き」だったり、「心からお客様が喜んでくれて笑顔になってくれる」瞬間があるからだと思います。
 
これがやりがいへとつながっていきます。

ネイリストの仕事内容

ネイルサロン

お客様の要望に応えて施術をしていきます。
 
ケア
アート
リペア
イクステンション
ジェルネイル
スカルプチュア
 
上記が主な施術となります。

スポンサーリンク

 

現在、人気なのがジェルネイルです。
ジェルネイル中心の施術を行っているサロンが多く、メニューにスカルプがないことも多いです。

 
ネリストの仕事は、お客様への施術だけではありません。お客様が途切れた時にもやることはたくさんありますよ〜。
 

サンプルチップの作成や道具のメンテナンスなどなど….。
サロンによっては空き時間にスキルアップのための練習をしたりもします。
 

オリジナルデザインを考えて、試行錯誤して出来上がったものをお客様が喜んでくれた時に本当にやりがいを感じます!
 

ネイリスト=華やかなイメージをもっている方が多いと思いますが、表面上ではわからないような地道な努力があるのです。

どんな努力があるの?!

技術を日々磨くのはもちろん、技術面以外にはお客様を接客する上での会話も大事になってきます。

 

お客様が興味ある話題を考えてコミュニケーションとります。
私はコミュニケーションをとるのが、実はすごく苦手ですww
 

会話が不得意で…。
何をお話したらいいのか毎回悩みます!!

 

そんな私が心がけていることは気配りです。
 

お客様は約2時間イスに座りっぱなしで、あまり動くこともできない状況なので疲れてしまいます。
 
少しでもリラックスして頂るような雰囲気作りが大事なのでそんな空間になるよう気をつかっています。
 

接客は技術とまた違った難しい大変な部分もありますが、お客様と楽しくコミュニケーションがとれたら、それが私にとってもお客様にとってもいい時間になると思っています。
 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る