ネイル検定試験|種類は?!具体的な内容!

ネイル検定、種類

スポンサーリンク

ネイル検定試験は大きく分けて2種類!!

ネイル検定の種類は大きく分けて2つあります。

JNECネイリスト技能検定試験、JNEジェルネイル技能検定試験です。

 

 

 

どちらの検定試験もネイリストとして必要になってきますが、

はじめに取得してほしいのは、JNECネイリスト技能検定試験3級です。

3級の基礎ができて、ジェルネイル検定試験を受ける方が断然スムーズです。

 

 

JNECネイリスト技能検定試験3級以上を取得していれば実技試験第一課題が免除になります!!

第一課題が免除になるのはとてもありがたいです☆得した気分♪

 

 

近年ジェルネイルがとても人気があり、ジェルネイル検定を受験するネイリストが増えてきました。

2014年からジェルネイル中級試験が新たに加わりました。中級ができたということは上級はさらに難易度がUPしたということです。

 

 

これから検定を受験するネイリストにとっては難易度UPしたことで「どれくらい難しくなったの?、合格できないかも。もっと早く受験しておけばよかった」思う方もたくさんいると思います。

 

しかし、難しくなったほうが技術向上につながりますし資格の価値が上がると思いませんか?

 

簡単に合格するような資格なら誰でもとれるので価値がないと思います。

難しいからこそ合格した時の喜びや達成感で満たされます。この喜びはいつまで経っても忘れないでいれほしいと思います!

 

他にも海外ライセンスを取得することもできます。

将来、海外でネイルをやりたいと思うのであればぜひ取得して下さい。

 

それぞれの検定試験で求められること!

ネイル検定試験は基礎から学び、段階を経てプロへと成長することができます。

 

 

JNECネイリスト技能検定試験

JNECネイリスト技能検定試験3級

スポンサーリンク

ネイルの基礎、ネイルケア、技術や知識が求められます。

 

JNECネイリスト技能検定試験2級

サロンワークで通用するネイルケア、リペア、チップ&ラップ、アートの技術や知識が求められます。

 

JNECネイリスト技能検定試験1級

トップレベルのネイリストとしての技術や知識が求められます。

 

JNEジェルネイル技能検定試験

JNEジェルネイル技能検定試験初級

ジェルネイルの基礎知識、技術が求められます。

 

JNEジェルネイル技能検定試験中級

ジェルネイルのサロンワークに通用する知識、技術が求められます。

 

JNEジェルネイル技能検定試験上級

ジェルネイルのプロフェッショナルとしての知識、技術が求められます。

 

海外ライセンス取得

アメリカではネイル資格は国家資格となっています。

(日本でもいずれ国家資格になると言われていますがそれがいつなるかはわかりません。)

 

アメリカライセンスを取得するには、政府公認校の指定のカリキュラムを修了する必要があります。

(州ごとに法律、規則が変わるので要チェック!)

 

留学して現地の認定校スクールでライセンスを取得する方法、日本スクールにもアメリカ認定校と提携しているスクールがあります。

 

その場合、検定試験の時だけ渡米すれば取得できます。

留学する場合、現地スクールへ入学するのに英語力が必要となる場合があります。

授業はすべて英語なのである程度わかってないとついていけません。

検定試験は日本語で受けられる州もあるようです。

 

 

このように一つ一つの段階があるので、それを理解して進んでいきましょう♪♪

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る