ネイル検定試験の赤ポリ塗りの8つのコツ!攻略しよう!

ネイル、赤塗り

スポンサーリンク

ネイル検定試験の3級、2級の課題である「赤ポリ塗り

基本となる「赤ポリ塗り」ですが、ここで苦戦する方が多いのではないでしょうか?

 

私も3級、2級検定試験を受けて一番の敵は「赤ポリ塗り」だったので、同じ気持ちの方すごくわかります!!

 

どうしたら上手く塗れるのか?

どうしたら時間短縮になるのか?

 

たくさん調べました!

私はスクールへ通っていたので、先生にも相談して試行錯誤を繰り返しなんとかそれなりに塗れるようになりました。

 

 

練習あるのみっていったらそれでおしまいですが、そのやり方がそもそも間違っていたら?

せっかくコツがあるのに、自分流で頑張っていたら?

もったいないですよ〜!!

 

 

赤ポリ塗りのコツ」学んでから練習に励んで下さい。

劇的に上手く塗れて、時間短縮になります。

検定試験の合格を目指して頑張りましょう♫

 

赤ポリ塗る前の下準備とは?!

クリーンナップをしっかりと終わっていて、キューティクルポケットはありますか?

 

クリーンナップは下準備で大切となる工程ですよ〜!

※わからない方はメタルップッシャーの使い方キューティクルニッパーの使い方を参考にして下さい。

 

赤ポリ塗り方、手順とコツ

塗り方は2パターンあります。

ネイル、赤ポリッシュ、塗り方

 

Aパターン:左、真ん中、右と順番

 

ネイル、赤ポリッシュ、塗り方

Bパターン:真ん中、左、右の順番

 

どちらでも大丈夫なので、両方試してみて自分がやりやすい方を選んで下さい。

左、真ん中、右の間にもう一つ入っている線は、刷毛を流して刷毛跡を残さない為の馴染ませる線ですので、ポリッシュを取らないでそのまま刷毛を上から下へ流すのみでOKです。

 

 

ちなみに私はBパターン:真ん中、左、右の順番が塗りやすいです。

ここで紹介する手順は、Bパターン:真ん中、左、右の順番でのやり方となってます。

塗る順番が違うだけで、基本的なことは一緒です。

 

 

検定試験はやりやすい方を選びますが、普段ポリッシュを使用する時にはカラーの色で塗り分けるとキレイに仕上がりますよ!

 

カラーの色やパール入りなどの特徴で塗り方の向き、不向きがあります。

 icon-github-alt 刷毛あとが残りやすいカラーの場合は、Aパターン:左、真ん中、右の順番が向いています。

 icon-github-alt 表面が馴染みやすく、刷毛あとが目立たないようなカラーは、Bパターン:真ん中、左、右の順番が向いています。

 

あとよく聞くのが、ポリッシュを手に持ちながら塗った方がいいのか?

テーブルの上に置いたままがいいのか?

 

こちらもどちらでもOKですが、持って塗った方が少し短縮になり、ポリッシュも乾きにくいです。

ほんの少しの差ですが….。

サロンで働いている場合は、手に持って塗る方が見栄え的にもいいでしょう!

 

 

今は出来なくてもいずれ、出来るようになれば大丈夫です。

検定試験なので単純にやりやすい方を選んで下さい。

 

私はテーブルに置いて塗っていました。

どうしても手に持つと、塗ることに集中できなかったので…。

 

※スキンダウンのやり方

ネイル、スキンアップ

第二関節で固定して上げていく。

 

ネイル、スキンダウン

第二関節から第一関節を使って、親指と逆方向にもってく。

 

こちらも2パターンあるのでやりやすい方でやってみて下さい♫

 

必要なもの

●ベースコート

●赤ポリッシュ

●トップコート

●ポリッシュリムーバー

●ウッドスティック

●コットン

 

3級のテーブルセッティングはこちらへ

 

手順&コツ✯

1, 油分除去(プレプライマー)

右手:表面5本  左手:表面5本

2. ペースコート

右手:エッジ5本→表面5本  左手:エッジ5本→表面5本

3. カラー1度塗り目

右手:エッジ5本→表面5本  左手:エッジ5本→表面5本

4. カラー2度塗り目

右手:表面5本  左手:表面5本

5. トップコート

右手:エッジ5本→表面5本  左手:エッジ5本→表面5本

 

 

●基本的な塗る指の順番(右利き)●

モデルの右手→左手が基本

 

エッジは、右手のひらを上に向けてネイリストからみて左側の指から塗ります。

モデルの右手:親指→人差指→中指→薬指→小指

スポンサーリンク

モデルの左手:小指→薬指→中指→人差指→親指

 

表面は、手の甲を上の状態でネイリストの方からみて左側から塗ります。

モデルの右手:小指→薬指→中指→人差指→親指

モデルの左手:親指→人差指→中指→薬指→小指

※左利きの場合は、右側から塗っていきます。

 

 

油分除去(プレプライマー)

キューティクル周り、爪の表面に塗布する。

※エッジは塗りません。

 

 

ベースコート

ベースコートも赤ポリと同じようにキューティクル周りを攻めていかなければなりません。

中途半端に塗ってしまうと段差ができてしまうのでしっかりと塗布しましょう。

 

 

赤ポリ1度塗り目

刷毛に少なめに赤ポリをとり、エッジを塗ります。

 

表面は、刷毛に適切な量の赤ポリを取り、支えの手でキューティクルを上げます。

 

真ん中

ネイル、赤ポリッシュ

キューティクルのギリギリより1mm手前に刷毛をおいて、プッシュバックします。

※プッシュバックとはキューティクル側に刷毛を押し込む動きのことです。

 

左側

ネイル、赤ポリッシュ

真ん中に塗った赤ポリの左ラインの一番上のところに、刷毛の先端の左角を合わせてキューティクルライン、サイドラインに沿って塗っていきます。

 

ここでのポイントは真ん中の赤ポリと繋がること、キューティクルライン、サイドラインに沿ってゆっくり塗ることです。

ラインを意識しましょう!

左側を下まで、塗ったらポリッシュを付け足さずに、真ん中と左の間を刷毛で流します。

 

支えの手の親指で、左側をスキンダウンさせて皮膚につかないようにします。

 

刷毛を持っている手の方の小指支えもポイント!!

この小指の支えがあることで安定して塗ることができます。

 

右側

ネイル、赤ポリ

左側同様に真ん中に塗った赤ポリの右ラインの一番上のところに、刷毛の先端の右側を合わせてキューティクルライン、サイドラインに沿って塗っていきます。

右側を下まで、塗ったらポリッシュを付け足さずに、真ん中と右の間を刷毛で流します。

 

支えの手の中指で、右側をスキンダウンさせて皮膚につかないようにします。

右側は左側に比べて、スキンダウンがやりにくいです。

 

 

✯修正を入れるタイミング!

皮膚についた赤ポリが乾いてしまうと、キレイに取るのに時間がかかってしまいます。

大きくはみ出した箇所は、1本塗ったところでウッドスティックを使いキレイに落としましょう。

キューティクルラインの修正は片手5本が終わった時点で、修正します。

2度塗り目をラクにさせる為にも、1度塗り目の修正は重要となってきますので、しっかりライン繋いでいきましょう!

 

 

赤ポリ2度塗り目

1度塗り目に比べて、少し多めに赤ポリをとります。

刷毛跡やかすれなどがしにくくなります。

 

1度塗り目で、しっかりとキレイなラインがとれていれば、その上の塗っていくだけです。

プッシュバックも不要ですよ〜。

 

キューティクルラインにガタつきがある場合は、2度塗り目で埋めていかなくてはなりません。

窪んでいるところを埋めてラインを繋げるように塗っていきます。

 

 

✯修正を入れるタイミング!

1度塗り目と同様に修正を入れる。

 

トップコート

刷毛にたっぷり取り、エッジから塗っていきます。

 

表面も多めに取り、撫でるように塗っていきます。

※力が強いと赤ポリをえぐってしまうので注意!!

 

 

✯修正を入れるタイミング!

赤ポリのように皮膚に色が付着しないので、片手ごとのチェックで大丈夫です。

 

まとめ

「赤ポリ塗り」でのポイントをチェックできましたか??

 

⭐︎チェックポイントのまとめ⭐︎

●クリーンナップをしっかり行うこと(キューティクルポケットの確認)

●塗り方の2パターンを試して自分にあった方の選択

●赤ポリを持つ、置くの選択

●塗る指の順番

●支えの指

●キューティクルラインを意識

●プッシュバック

●スキンダウン

 

細かいところを改善していくことで、自分にあったやり方が見つけられます。

もちろん検定試験okの範囲のやり方です!

 

 

あと、上の説明には書いてなかったんですが、最後にもう一つのコツ!!

 

 

モデルの指を動かす!

左右を塗る時に、指はそのままで自分が左右に動いている方がいます。

モデルの指を少し傾けるだけでスムーズになりますので、ぜひ試してみて下さい♫

 

赤塗りをマスターしたら次は↓
ネイル3級アート!5枚花の描き方コツ✯ポイントは筆使い?!
 
ネイル|形の整え方5種類|それぞれコツを掴めば、めっちゃ簡単!!
 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

    • キアーラ
    • 2017年 4月 27日

    お久しぶりです^_^

    前回は大変お世話になりました。
    6月のジェル検初級の赤ポリの練習中、またまたこちらにたどり着きました^_^

    私は左利きなのですが、ポリッシュを塗布して行く順番はモデルの左手からで大丈夫でしょうか?
    右手からだと自分の左手や肘が当たりそうで不安で。。
    またエッジを塗布していく指は順番に決まりなどはありますか?

    あと失格要項を教えてほしいです!

    よろしくお願い致します。

      • SHINO
      • 2017年 4月 29日

      キアーラさん☆

      お久しぶりです!
      6月のジェル検を受けるんですね。
      左利きの場合はモデルさんの左手からのがやりやすいですよね。
      左手からで大丈夫ですよ!

      エッジの順番も手のひらを上に向くようにいひっ繰り返して、モデルさんの左手は親指から、右手は小指からが塗りやすいと思います。

      失格、減点事項は試験要項の後ろの方に記載してあります。
      https://www.nail.or.jp/media/pdf/kentei/gel_ex_16.pdf

      また分からないことありましたら、お気軽に連絡下さい☆
      練習頑張って下さい(^o^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る