ネイル|赤ポリッシュ選び4つの判断基準!とにかく試して!

ネイル、赤ポリッシュ、選び方

スポンサーリンク

ネイル検定試験の3級、2級では赤ポリッシュを使用します。

 

特にメーカー、ブランドなどの指定はなく、なんでもOK!

 

 

極端な話、100円均一のポリッシュでもいいんです。

実際に100円均一のポリッシュを使用している方はいないとは思いますが…..。

 

 

試験に合格する為には、塗りやすい赤ポリッシュを探さなくてはなりません。

指定がないのは嬉しいけど、たくさんあるので迷ってしまいますよね?!

 

私は4つのメーカーを試して、最終的に一番塗りやすいものに決めました✯

一回、使用しただけでは決めることが出来ないと思うので、早めに色々試して「これッ」というものを見つけて下さい。

 

赤ポリッシュ選び方

ただ、塗りやすいからだけではなく他にも判断する内容があります。

 
「どれもそんなに変わらないからどれでもいい、この2つで迷ってる」といった時に、最終的に何で判断してますか?!

これから4つの判断材料をご紹介します✯

 

モデルの肌の色

色は、同じ色でも明るいトーンや暗いトーンがあり、肌の色味によってどのトーンの色が映えるかが変わってきます。

 

刷毛の大きさ、柔らかさ

刷毛の質感で柔らかさが、変わってきます。

大きさも様々で、モデルの爪に合わせた刷毛を選ぶことをオススメします!!

スポンサーリンク

 

赤ポリ粘度

ネイル、赤ポリッシュ、粘度

粘度はメーカーによっても変わってきますが、

メーカーが同じでも、新品で開けたばかりの物と何回か使用したものだと粘度が変わります。

 

1度塗り目は、粘度が少し硬いものが流れにくいです。(2.3回使用したもの)

2度塗り目は、新品の少し緩めのものが塗りやすいです。

 

これは、私が感じた粘度の塗りやすさなので、実際に粘度の違いを実感して自分に合った赤ポリッシュを見つけましょう!

 

手に持った時のフィット感

赤ポリッシュを塗る時に、手に持って塗る方の場合です。

テーブルに置いたままで塗る場合は、関係ないです。

 

 

手が小さい方は、大きいポリッシュを持つのは持ちにくいと思います。

逆に手が大きい方は、小さいすぎるポリッシュは持ちにくいといった場合があるでしょう!

 

実際に手に持ってみて塗る時に、手にフィットしなくて「塗りにくい」なんてことがないように、事前にチェックしてみて下さい。

 

まとめ

赤ポリッシュのメーカー選びは、実際に使用してみないとわかりません。

検定試験が近くなってから、決めるのではなく早いうちに色々なメーカーのものを試してみて下さい。

 

その質感に、慣れておくと後々の調整もラクになってきますよ~☆

 

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る