古代エジプト人はオシャレだった?!驚きなネイルの歴史

ネイル、歴史、エジプト

スポンサーリンク

ネイルをあたりまえに楽しんんでいるけど、「ネイルの歴史まで考えたことない。

 

ネイルの歴史までは知らないという人が意外に多いのです。

 

ネイル資格保持者なら筆記試験勉強で歴史も勉強しているので、わかっていると思うけど果たして聞かれてすぐに答えられるだろうか?

 

ボヤッとしか覚えていない、あまりわからないなんて方もいるのではないでしょうか?!

ここでしっかり歴史について、再度学びましょう!

 

ネイルの発祥いつ?どの国から?

爪に色を施すいう文化は「古代エジプト時代」紀元前3000〜4000年ころから始まったと考えられている。

 

そんな前のことが何故変わったかと言うと、発見されたミイラの爪が赤色に塗られていたからです。

 

着色に使われていたのが植物のヘンナの花の汁

エジプト王族の中で、流行していて階級が上がるにつれて色が変化していきました。

王紀だけが濃い赤を塗ることができたのです。

 

なぜ、赤色だったのでしょう?

古代エジプト人にとって赤は太陽の赤、血の赤と特別な色でした。

 
男女共に爪をキレイで清潔に保ちたいと、ヘンナを使用して爪を染めるのを楽しんでいました。

また、身だしなみとしても重要だったのです。

 

エジプト人は亡くなった人の再生、復活を信じていたので防腐剤という効果がヘンナの花の汁にあることを知って使用してたのではないかとも考えれています。

そんな昔にそこまでの知識があったのはすごいですよね!

 

[マニキュア]の語源の誕生

ギリシャ・ローマ時代に「爪のお手入れ」が上級階級の中で流行し始めました。

 

そこで「マヌス・キュア」という言葉が誕生!

 

語源はラテン語でマヌス→「手」、キュア→「手入れ」という意味である。

この時代では自然体が美しいとされ、人工的なものは好まれませんでした。

 

人工的なものは使用しない「マヌス・キュア」が流行していったのです。

スポンサーリンク

 

日本での歴史

日本へはどのようにしてネイルが伝わっってきたのでしょうか?!

 

明治時代にフランスから「マニキュア術」が伝わり、「磨爪術(まそうじゅつ)」として発展していきました。

 

それよりも以前に日本での爪のお洒落は存在していたのです。

 

平安時代には下層階級に化粧が広がり、同時にホウセンカとホオズキの葉を合わせたものを爪に塗る「爪紅(つまくれない)」が流行りました。

 

江戸時代には中国から紅花を使用した染める技術が伝わり、紅花を化粧と爪にも使用され「爪紅(つまべに)」と呼ばれ流行りました。

 

日本のネイルの歴史

1970年代後半・・・アメリカから技術、製品の販売される

1980年代・・・ネイルサロン、マニキュアリストが誕生する

1985年・・・日本ネイリスト協会設立。マニキュアリスト→「ネイリスト」と変化する。

1990年代・・・ネイルが人気となってきた

 

ネイルポリッシュの誕生

爪をよりキレイに見せるための爪に塗るニスは20世紀後半に登場しました。

 

その後、アメリカの自動車の塗料として速乾性ラッカーが発売された後に、爪用に改良された「ネイルラッカー(ネイルポリッシュ)」が1932年に誕生しました。

赤だけではなくたくさんの色が発売されました。

 

まとめ

ネイルの歴史を辿っていくと面白いことがわかります。

 

現在では、みんなが知っている「ネイル」だが、ネイルが誕生してその後の徐々に発展していき今に至る。

 

ネイルで初めに取り入れられた色は「」です。

意味はそれぞれ違うものの「赤」という色は世界共通で特別な色だったんだということがわかりました。

面白いですよね!

 

このように面白い発見や楽しく知識を取り入れていくことも大切なので、覚えといて下さいね♫

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る