ネイルを利き手に上手く塗る方法!!キレイ仕上りに満足✯

スポンサーリンク

セルフネイルの難しいところは、利き手をキレイに仕上げることです。

 

最初は全然うまくいかなくて苦労しますね〜。

時間がかなりかかってしまったり、はみ出しまくりだったりと….。

アートに挑戦したものの、とんでもない仕上がりになってしまったり。

 

 

初めは誰もが上手にいかないものです。

ネイリストでさえも、時間をかけて苦労して練習を繰り返しています。

お客様への施述の方が最優先ですしね✯

 

 

上手に塗るには、何度も練習を重ねて慣れることが一番ですが、

練習方法やちょっとしたコツを知ることで、さらに上手に塗ることが出来るようになるので、

参考にしてみて下さい♫

 

利き手をキレイに仕上げるコツ

よく難しい利き手から先に塗るといいと言われていますが、

私の考えは逆です✯

 

簡単な利き手ではない方から塗ります!!

時間があまりかからずにキレイに仕上がるので、

それを見本にして難しい利き手を施述する方が調子がいいです。

片手が上手に仕上がると、嬉しくてその勢いで集中してできます♫

 

 

もっとも重要なのは支えです。

支えがないと、手がプルプル震えて上手に塗ることができません。

IMG_3883_JPG_と_マイファイル

スポンサーリンク

IMG_3884_JPG

 

親指は人差し指が支え、他の4本は親指が支えとなります。

しっかり支えて安定させることでスムーズに塗ることができます。

はみ出しが少なくなるので、後々の修正がラクになります。

 

 

万が一、はみ出していたとしても、ジェルはライトへ入れる前に修正をしておけば、

仕上がりはキレイになります!

 

施述の途中では、多少のはみ出しを気にしなくて大丈夫です♫

そこに神経使い過ぎると疲れちゃいますからねww

 

ポリッシュネイルの場合もあとで修正することができます。

慣れてくれば、はみ出しも徐々になくなってきますよ〜✯

 

アートも難しい

他に難しいな〜と思うのはアートです。

これもまた慣れですね✯

 

簡単なものから始めるといいです♫

シールやストーンを上手く取り入れると華やかなネイルもできちゃいます✯

 

まとめ

利き手に上手にネイルができるようになるには練習をたくさんすることです。

 

体が覚えれば、最初は動かなかった手も細かい作業に適応してきます。

人間の体はすごいな〜と思います♫

 

コツを掴み、自分のやりやすい方法を探して見つけ出して下さい♫♫

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る