ネイルで爪が病気になる?!病気の特徴と対処法☆

ネイル病気

スポンサーリンク

ジェルネイルで原因?どんな病気になる?

ネイルを施述する上で爪の病気のことは知っておかなげればなりません。

 

ネイリストはお客様の爪を施述すので病気のことは知ってて当然ですが、中にはあまり知識をもっていないネイリストが気づかず施述をしてします場合もあります。

 

感染してしまう病気だと別のお客様へうつしてしまうことになりかねません。

とても危険です!

 

ジェルネイルが原因で病気になる方が増えているようです。

どのような病気になってしまうのでしょう?!

 

ジェルネイルでグリーンネイルになる?!対処方法!

ネイル、グリーンネイル病気

ジェルネイルが原因で「グリーンネイル」になる人が増えています。

 

グリーンネイル(緑膿菌感染)」とは細菌に感染して爪が緑色に変色する病気のことです。

爪のガビのいったほうがわかりやすいですね。

 

ジェルネイルをつけたまま長い期間放置すると浮いてきてその隙間から菌が入り発症します。

 

ある程度伸びてきたら付け替えるかオフをしましょう。

だいたい2〜3週間くらいを目安にするといいです。

 

ネイル、病気、グリーンネイル

それ以外の原因としてはネイリストの腕の問題もあります。

根元、サイドラインがしっかり密着していない場合その部分から水が入り細菌が繁殖してグリーンネイルが発症します。

 

ジェルが浮いているのに気付いたらすぐにお直しするかオフをして下さい。

スポンサーリンク

 

対処法としてはジェルネイルをつけている時はジェルの状態を毎日確認して取れかかっていないか?浮いてきている箇所がないか?を確認すること。

手を洗った後、お風呂上がりなどはしっかり水分が拭き取れているか確認すること。

 

軽度なグリーンネイルならファイルでその部分を取り除くこができますが、またすぐにジェルネイルをすることはやめて少し爪を休憩させてあげて下さい。

 

使用したファイルは感染する恐れがあるので使用したら捨てること。

その他、使用した用具はしっかり消毒しておくこと。

 

二次感染を防ぐためにも用具の管理は必ずして下さい。
 

ジェルネイルやりすぎると爪が薄くなる?爪が剥離する!

ネイル病気、爪甲剥離

ジェルネイルを施述する際に爪の表面をサンディング(削る)します。

常にジェルネイルをしている人は毎回サンディングをしているのでどんどん爪が薄くなり弱くなってしまいます。

 

最近ではサンディング不要のジェルもでてきているが、まだサンディング必要ジェルのが多いです。

 

私もジェルネイルをやりすぎて爪が薄くなり、ネイルベットから爪が剥がれ浮いてきてしまったことがあります。

 

始めは少しの範囲だったので気にせずにジェルネイルをしてました。

それがダメだったんですね…。

さらに剥離部分が広範囲に広がりました。

だいたい爪の半分くらいまで!!

 

対処法としては3回くらい付け替えしてジェルネイルを楽しんだら少し休憩期間を入れることです。

 

何もつけてない爪はヤダって方はポリッシュカラーリングに切り替えるといいです。

アクリル絵の具でジェルネイルではできないようなデザインも楽しめます♫

 

まとめ

ジェルネイルのやり過ぎで爪がボロボロになる可能性があります。

 

ネイルを楽しむ上でのもっとも基本的なことは爪が健康なことです。

爪が健康だから楽しむことができるのです。

 

そこを理解してこれからもネイルを楽しんでいきましょう♫

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る