ネイリストの職業病とは?対処法は?どう向きあう?

ネイル、悩む

スポンサーリンク

ネイリストの職業病とは!?改善できるの?

ネイリストの職業病とは一体どんなことがあるのでしょう!!

 

職業病っていうとイメージとして悩みとか大変なことがほとんどですが、少し別の角度からもみると面白い職業病もあります。
その両方をご紹介します。

爪!爪!爪!気になる~☆

やっぱりこれ一番気になります!
お客様の爪は施術する際にじっくり観察しますが、普段の生活の中でも人の爪にどうしても目がいってしまします。
店員さんの爪だったり買い物中に近くにいる人、電車など見かける人の爪をみてしまいます。
これはネイリストに限らず専門的分野の仕事してる方なら共通することなのかと思います。

 

美容師だったらきっと髪に目がいってしまうんではないでしょうか?
「キレイな髪。痛んでるから髪の毛切った方がいいのにな。トリートメントしてあげたいな。」など街ゆく人を見ながら考えているんではないかと思います。

 

ネイリストは爪をみて「かわいい!色遣いがいい!」デザインのことを考えたり、「そろそろ付け替え時だね。爪の周り乾燥してるよ」と爪の状態をみます。
ジェルネイル、スカルプチュアをつけてて伸びすぎているのをみると「伸びすぎてる!グリーンネイルになっちゃう」などと心の中で思ったりもします。

すごく教えてあげたいけど、実際に声をかけたことはないです(笑)

 

派手なネイル、オフェス系ネイル、個性的なアートなど周りを見渡すと人それぞれ好きずきのネイルを楽しんでいるな~と思います。
そこから流行りなどを読み取ることもできるし、「このデザイン新しい!こんど挑戦してみたい」と参考になることもあります。

無意識でそんなことを考えてる時点でまさに職業病ですね!

 

現在のリアルな情報をキャッチできるし、新しいネイルデザインの発想を生み出してくれそうないい職業病です。
爪ウォッチングこれからも続けていきたいと思います☆

 

運動不足になりやすい?!解消法は??

ネイリストは長時間座りっぱなしであまり身動きがとれません。

仕事中、動きがないのです。

その分、仕事から帰ってきて何か運動といってもネイルサロンは働く時間が長いので帰ってきたらもう風呂入って寝る時間!
ゆっくりする自分の自由時間があまりありません。
休みの日は自宅練習に時間を使ったり、遊びにいったりしていると運動する時間ないです。

 

運動不足になると肩こりがひどくなったり、肌荒れや便秘を引き起こします。
ネイリストを続ける上で適度な運動は大事です。

 
あまり時間を作ることのできないネイリストにとってどのような解消方法がいいのか探してみました。
 
寝る前5分のストレッチ習慣

歩く速さ、歩幅を意識

肩甲骨ストレッチ

 

寝る前ストレッチは時間がなくてもたった5分でできちゃうので毎日続けられれば一番ですが気が向いた時に私は取り入れてます。
寝る前に軽いストレッチをするとぐっすり寝れて目覚めもいいですよ!

スポンサーリンク

 

歩くのを早歩きにして歩幅は大きくを意識してします。
これだけで普通に歩くよりも筋肉がつきます。

さらに嬉しいことに普通に歩くのに比べて1.5倍ものカロリー消費にもなります。

 

簡単に取り入れることができるのですぐに始められます。

これも無理にウォーキングに行かなくても通勤の時に意識して歩幅を大きく早歩きするだけで効果的です。

ネイリスト、ストレッチ

肩甲骨ストレッチは上の写真のように手を肘に置いて下の方向へグーッと押して下さい。

これは気がついた時にどこでもいつでもできるので施術の合間などにやると肩こりが少しラクになります。

 

このように激しい運動ではなくストレッチでも体はラクになるので、まずは手軽にできるものをやってみて下さい♪

 

突然発症するジェルネイルアレルギー!!誰でも発症する可能性あり?!

ジェルネイルは化学薬品を使用するので取り扱いには十分注意が必要です。

 

今まで何ともなかったのになんで急に?!ってことが起こります。
ネイリストの中にもこのアレルギーに悩む方が大勢います。
アレルギー症状がひどすぎてネイリストを続けられなくなってしまうケースもあります。

 

ネイリストを続けていくためにもアレルギーについての知識を学んでおきましょう。
アレルギーの原因、対処法についてはこちら

 

 膀胱炎に悩まされる?!

なぜ膀胱炎??を私も初めはピンときませんでしたが、ネイルサロンのトイレ事情がそうさせているようです。
忙しいネイルサロンは次から次へとお客様の施術をしなければいけません。
お昼ご飯なんて食べているヒマがないのです。
時間内に施術が終わらないと次の時間に予約を入れているお客様を待たせることになるので時間との戦いでもあります。
そのため、トイレになんていってられません(笑)

 

働くサロンにもよりますが、一番大変だなと思うのは商業施設内のネイルサロンです。
トイレが遠いので我慢してしまいます。

 

膀胱炎は一回なると癖にとりやすいので、どんなに忙しくてもトイレはどうにか行くようにして下さい。
誰もダメなんていいません。ほんの数分なんですから…(笑)

 

まとめ

ネイリストならではの職業病を知っていれば予防ができます。
なってしまってからでは治療や改善していくのが大変なので先によく理解しておきましょう。

 

自分自身の体のため、大好きなネイルをやり続けるために最低限これだけは頭に入れておいてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る