ネイル3級〜時間配分、手順〜小さな疑問解決☆

ネイル、3級試験

スポンサーリンク

ネイル3級試験の手順は完璧ですか??

 

疑問などはありませんか?

本当に細かいことで、疑問に思うことってありますよね?!

 

私も絶対合格したかったので、少しでも疑問に思ったことは質問してモヤモヤを取り除くようにしてきました!

 

ここに書いてあることだけでは、解決出来ないことがあるかもしれませんが、少しでも参考なったら嬉しいです♫

 

 

何度も、通し練習を繰り返して、理想のタイムでクリアできるようになりましょう!!

 

1. 手指消毒・・・1分  

自分→モデル

コットンにエタノールをたぷっり(5プッシュ)とつけて、手の甲、手の平、指間もしっかりと素早く。

 

チェックポイント
エタノールが足りないとコットンが手に張り付いたりして、とても塗りにくいので、たっぷりつけましょう!

 

2.カラーオフ・・・・9分経過〜[8分]〜

コットンにポリッシュリムーバーを付けて、爪の上にのせて、10秒くらい押さえます。

 

ゆっくりと手前に引くと、大体は赤ポリが取れています。

サイドの赤ポリが残ってしまったらウッドスティックにコットンを巻いたもので取ります。

 

チェックポイント
コットンを事前に爪の大きなにカットしておく。

コットン蓋、リムーバー蓋は開けたままで大丈夫です。次の工程に移る際は、必ず蓋を閉めましょう!

 

1本オフ→サイド残りオフと、1本1本やってたんじゃ時間がかかるので、10本すべてオフした後、まとめてサイドの赤ポリ残りをチェックしましょう。

 

 

コットン付きのウッドスティックを使用した場合は、そのままウェットステリライザーに戻さずにコットンを外してから戻しましょう。

赤ポリが付いてしまったウッドスティックは、そのままウェットステリライザーに戻して大丈夫です。

 

3. ファイリング・・・・19分経過〜[10分]〜

エメリボードを使用し、爪をラウンドの形にします。

 

まず、右手からファイリングして5本終わったらキューティクルクリームをつけ、キューティクル周りに馴染ませてフィンガーボールへ。

 

 

左手も同じようにファイリングして、キューティクルクリームをつけた後、右手との入れ替えとなります。

右手をブラシダウンして汚れを落とし、タオルで拭き取ります。そして、左手をフィンガーボールへ。

 

 

チェックポイント
ブラシダウンを忘れてしまう方が、非常に多いので要注意ですよ〜!!

 

 

左右の手の入れ替えの時は、フィンガーボールを左から右へ置き直します。

私はモデルの右手を拭いて、拭き終わったら左手でモデルの右手を持ち、右手でフィンガーボールを移動させました。

 

ファイリング後、バリがでる可能性があります。バッファーを使用してバリを取り除きましょう!!

 

4. クリーンナップ・・・・33分経過〜[14分]~

ケア用の水入れを手前にもってきて、まずはメタルプッシャーを使用する。

 

爪にへばりついているルースキューティクルを剥がします。メタルプッシャーにたくさんルースキューティクルがついてきたら、キッチンペーパーで拭き取って下さい。

 

 

次にガーゼとキューティクルニッパーを用意!

ガーゼを湿らせて、キューティクル周りとフリーエッジのお掃除をします。

 

 

ここである程度のルースキューティクルが取れちゃいます。まだ残ってる分は、キューティクルニッパーを使用して取っていきます。

刃先についたルースキューティクルはガーゼで取りましょう!

 

右手が完了したら、左手も同様にブラシダウンして、クリーンナップします。

スポンサーリンク

 

 

チェックポイント
キューティクルポケットができてることをしっかり確認!

キューティクルは常に、湿った状態にしておくこと!

 

メタルプッシャー、キューティクルニッパーの扱いには要注意!

 

5. カラーリング・・・58分経過〜[25分]〜

プレプライマー→ベース→赤ポリ1度塗り目→2度塗り目→トップコート

 

チェックポイント
赤ポリ2度塗り目以外はエッジ塗りを忘れずに‼︎

キューティクルラインを意識する。

 

赤ポリを塗っている途中に、ウッドスティックで修正する場合には赤ポリはテーブルの上に乗せたままでも大丈夫です。

 

詳しくは「赤ポリ塗り、8つのコツ」へ

 

6. アート・・・68分経過〜[10分]〜

3級のアート課題は「フラワー」のフラットアートです。

 

アート用の水入れとアクリル絵の具を用意。

アクリル絵の具は、事前にパレットに用意しとくと時間短縮になります。

 

 

チェックポイント
アートは、たくさん練習して短い時間で描けるようにしましょう!

筆を拭く時は、キッチンペーパーの端っこで拭いてOKです。

 

 

7. トップコート・・・・70分経過〜[2分]〜

トップコートは速乾性のものを使用しましょう!

 

エッジを塗り、たっぷりと刷毛に取って赤ポリをえぐらないようにしましょう!

 

チェックポイント
たっぷりと塗ること!!

赤ポリをえぐらないこと。

アートの指は1番最後に塗りましょう!

 

まとめ

実技試験70分

1. 手指消毒・・1分→1分

2. カラーオフ・・8分 →6分

3. ファイリング・・10分→9分

4. クリーンナップ・・14分→13分

5. カラーリング・・25分→25分

6. アート・・10分→8分

7.トップコート・・2分

 

時間配分はギリギリの計算となってますので、縮められる所は1〜2分は縮められるようにしましょう!

 

赤で書いてあるのが理想のタイムです。

練習の時は、この理想タイムを達成できるようにして下さい。

 

 

本番では、緊張などで色々失敗してしまう場合があります。

そんな時に備えて、練習の段階で時間が余るようにしましょう!!

 

 

最後に余った時間は、見直し時間にします。

 

 

でも、ここで残念なのが前の工程には戻れないので、ラウンドの形を治したいと思っても、もう手を加えることが出来ません。

はみ出したトップコートをウッドストックでキレイにするくらいしか…。

 

 

一つの工程が終わったら、もう修正できないってことを思い出して都度、確認しましょうね✯

 

 

緊張した中でも、身体が次の手順がわかってて、無意識に手が動いてる!ってくらいなれば完璧です✯

 

3級合格目指して頑張りましょう♫♫

 

 

⚫参考になる記事⚫

 ネイル検定3級のテーブルセッティング!!ほんとにそれ正解?!
 
ネイル3級アート!5枚花の描き方コツ✯ポイントは筆使い?!
 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る