待つだけ?ジェルネイルのコツ✯セルフレベリングがとにかくすごい!

スポンサーリンク

ジェルネイルの特徴の一つ!!

セルフレべリングって知っていますか?!

 

セルフレべリングを上手く使うことによって、ジェルネイルをキレイに仕上げることが出来ます✯

どのようなものか理解して、スキルアップしましょう♫

 

セルフレべリングって?

ジェルカラーを爪全体に塗布して、筆跡が気になったことありませんか??

筆跡が残ってしまうので、跡を消すために何度も表面に筆をまた上から下へ流す。

でも、また別の場所に跡が残る….。

 

とりあえずそのまま硬化してみる。

筆跡が残ってしまって表面が凸凹してる。

 

 

私は初めてジェルネイルをしたとき、セルフレべリングのことを知っていたのに、

どうしてもすぐに表面が馴染まないことだけに気を取られて、何度も筆を入れて消えるように

頑張っていました。

 

 

しかし、そんなことする必要がないんです!!

サッと塗布して、表面が馴染んでいくのを確認してからライトへ入れて硬化させればいいのです✯

 

少し待つこと!!

ただ、それだけのことです✯

そんな簡単なことなのです♫

 

 

待つことで表面が馴染む!

これが「セルフレべリング」です✯

ジェルは自然に流れるので、その性質を利用して表面を馴染ませてから硬化させます。

スポンサーリンク

 

自然に馴染んでくれるのは嬉しいのですが、流れることによりアートでは厄介なときもあります。

 

アートでセルフレべリングすると

細い線を引いたのに、硬化したら太くなってた!!

なぜこんなことが起きるのでしょうか?

 

それは「セルフレべリング」が原因です。

先ほどお話した通り、ジェルは流れる性質があるのでアートを描く時間が長いと流れてしまうのです。

1本ずつ仮硬化するなどをしていかないと、最初に描いたところが流れます。

 

フレンチデザインもラインが大事なデザインなので、1本ずつ仮硬化をするとキレイに仕上がります♫

 

粘度の違い

ジェルの粘度は、ジェルブランドにより異なります。

 

ジェルスカルプは固めの方が扱いやすい。

キレイな形を作る前に、柔らかいとすぐに流れてしまい作れないのです。

ジェルスカルプで使用されるジェルは「ビルダージェル」です。

粘度が固いクリアジェルです。

 

 

ジェルカラーを爪全体に塗布する場合は、柔らかいほうがすぐ馴染むのでいいです✯

とはいっても、少し固めのジェルでもほんの数秒の違いで馴染むので全然問題ないです♫

 

 

セルフレべリングがどういうものか、わかったところでジェルネイルを楽しんじゃいましょう♫♫

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る