ノンサンディングジェル驚きの真実!爪に優しいって本当?!

スポンサーリンク

ジェルネイルの施述工程には、大きく分けて2つの特徴があります。

定着を良くする為にサンディングが必要なジェル、サンディングが不必要なノンサンディングジェルです。

 

あなたはどちらのジェルを使用していますか?

またはどちらのジェルを使用したいですか?

 

多くの方は、サンディング不要なジェルを選ぶのではないでしょうか?!

爪を削らないので「爪に優しい!爪が薄い人にはいい!」などのイメージがあると思いますが、

なぜサンディングが必要なのか、なぜサンディングが不必要なのかを理解すると選択が変わってくるかもしれないです!!

 

サンディングはなぜ必要?!

そもそもなぜ、ジェルネイルにサンディングが必要なのでしょうか?!

 

ジェルの定着を良くする為、下処理として必要な工程なのです。

下処理をしないでジェルネイルをするとすぐにリフトしてきます。

 

ノンサンディングとは?!

その名の通り、サンディングが不必要なジェルのことです。

定着を良くする為の下処理をしなくても、しっかり定着してくれます。

 

爪が薄いとお悩みの方にオススメ!!

ノンサンディングだから爪を傷めない!

と良く聞きます。

 

果たしてそれは真実なのか?!

サンディングなしでモチがいいというのには、何か理由があるのでは?

 

ノンサンディングジェルの真実とは?!

じつは….

強酸性」なのです!!

強酸性は爪を溶かしてしまうのです!!

とても危険なのです。

 

強酸性のph値は1~3です。

爪に良いとされるジェルのph値は、弱酸性(ph値5〜6)です。

 

ph値を測定するには、水とジェルを混ぜ合わせた中に特殊な機械を入れて数値を出します。

多くのジェルブランドは、ph値を明記していません。

調べる方法といえば、測定器を使用するしかないです。

 

とはいっても、測定器ないし…。
そうですよね。

 

ph測定器もっていたらすごい!!と思います。

大半の方は持っていないのが現状です。

では、どのようにして見極めたらいいのでしょうか?!

 

強酸性の見極め方

簡単に強酸性かどうか、わかる方法はないのかな??

 

機械を使用しないと正しく判断することは難しいですが、

強酸性の特徴を知っておくと、ちょっとした判断材料になります。
✯匂い✯

酸っぱい匂いがします。

わかりやすいもので例えると「レモン」です。

レモンは匂いを嗅いだだけでも酸っぱいですよね。

想像しただけでツバが溜まっちゃいますねww

レモンは強酸性です!!

 

強酸性のジェルは爪を溶かし、レモンは歯を溶かします!

ジェルの匂いを嗅いでみて下さい。

酸っぱい匂いがする場合は要注意です。

 

 

✯オフする際に注目✯

爪を溶かして定着するので、オフが簡単にできないという特徴もあります。

オフするときに一緒に爪の表面も剥がれてしまい、爪が薄くなってしまうのです。

スポンサーリンク

爪の表面がデコボコ、オフに時間をかかるようなことがあれば強酸性の可能性が高いです。

 

ノンサンディングジェルを使用して感じたこと

実際にノンサンディングジェルを使用して感じたことをお伝えします。

 

ノンサンディングジェルを初めて使用したときは、

サンディングしない=爪に優しいというイメージをもっていたのです。

今となっては、そのイメージは大きな間違いでした。

 

 

使用感は、ジェルをつけたときはいつもとなんら変わりはありませんでしたが、
2週間程経過したとき、サイドがリフトし始めていることに気づきました!!

 

 

私の施術に問題があったのかもしれないと思い一度オフすることにしましたが、
リフトしているのも関わらず爪中央の密着が良すぎて、簡単にオフすることができません。

その後、何回か使用したけど同じようにリフトしてきてしまいます。

 

 

気付いたときには、爪が薄くなっていました。

最終的には「グリーンネイル」になり「爪甲剥離」を起こしていたのです!!

グリーンネイルについてはこちら
やっと気づきました!!

 

使用していたノンサンディングジェルに問題があるではないかと….。

薄くなり、表面がデコボコになってしまいました。

爪の先端付近が大きく窪んでいて、キレイなフォルムではなくなっていました。

さらにはグリーンネイルにまで….。

 

 

ボロボロになった爪を回復させる為に、1か月くらいネイルを休憩することに。

今回のことで爪はボロボロになり悲しいですが、新しい知識がついたことをとても嬉しく思っています。

何でも一度、試してみないとわからないですね。
ネットに良いものと書かれていれも、実際に使ってみたら良くなかった。

悪いとと言われているものは、逆に自分にとってはとても良いものだった。

人それぞれ合う、合わないものが違うので試してみないとわからないものです。

 

 

合わなければ、また合うものを探せばいいのです。

探している間に様々な情報が入り、それがまた知識となって成長することもできます。

中には、間違った情報なども存在しているので、見極めることも必要なるでしょう!

 

まとめ

サンディング必要ジェルとノンサンディングジェルのことに焦点を当ててみましたが、

どのジェルいい、悪いは人それぞれ変わってくるでしょう。

 

 

リフトするのが悩みという方は、定着が良いジェルを求めるし、

ジェルの特徴よりも安さを求める方もいると思います。

まずは、自分に合ったジェルを探すことが大事です。

 

 

ジェルネイルを楽しんでいる以上は、少なからず爪にダメージを与えています。

どんなジェルを使用したとしても大切となるのはメンテナンスです。

 

 

施術後のメンテナンスと言えば保湿です。

ネイルオイルやクリームなどを塗るようにするといいです。

 

 

オフするときは一番爪に負担がかかるので、無理に剥がすようなことは絶対せずに、

正しいオフ方法を身につけて下さい。

 

爪を大切にすることを忘れずに、これからもジェルネイルを楽しみましょう♫♫

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る