ジェルネイルLEDライト選びで失敗?!知っておくべき情報とは?

スポンサーリンク

ジェルネイルは光を照射して硬化します。

 

その光を照射してくれる道具が「LEDライト、UVライト」です。

ジェルネイルを楽しむ上で必ずどちらかのライトが、必ず必要となります。

 

今は、LEDライトがメインとなってきてます♫

UVライトからLEDライトに切り替えをお考えの方やジェルネイルをこれから始められる方は、

選び方などを、是非参考にしてみて下さい♫

 

 

様々なブランドから出ている、LEDライト!

何が違うのか??

どんな機能が付いているといいのか?

をまとめてみました!!

 

 

LEDライト選び

LEDライトの光は可視光線です。

LEDの光は一直線に進みます。

 

照射時間は20秒~30秒程で、消費電力が少なくライトの寿命がとても長く交換が必要ないです。

本体価格は、UVライトに比べて高くなりますが、長く使用することを考えるLEDライトのが安いです✯

 

 

LEDライトを選ぶ時は、「ワット数や光の波長」を基準に決めます。

ワット数が高ければ高いほど、強い光を放つので硬化時間が早くなります。

しかし、最近のLEDライトはワット数が低く消費電力を抑えても硬化時間が早いです。

ワット数は、30W以上のものを選ぶといいです。

 

 

波長は大体、405nmくらいのものが多いです。

ジェルの波長とLEDライトの波長が合わないと、どんなにワット数が強くてもしっかり硬化することができません。

愛用しているジェルの波長を調べてみて下さい♫

 

 

基本的に愛用しているジェルブランドから出している、LEDライトを使用することをオススメします。

LEDライトの形状、ついている電球の数や場所がそれぞれブランドにより異なります。

スポンサーリンク

そのジェルに1番合った形状に計算されています。

 

LEDライトの価格、特徴

価格は、機能やワット数などにもよって少し変わってきます。

大体、¥15,000〜¥30,000くらいです。

 

UVライトに比べるとやはり本体価格は高くなりますが、電球の取り替えなどの手間もかからず、長く使っていけるのでその点を考えれば

決して高くはないかと思わないです。

 

まとまった出費とはなりますが、安さで選ばない方がいいでしょう!!

後々になって買い替えるくらいなら高いけど、初めから納得いくものを購入した方がいいかと思います!

 

LEDライト一覧

ブランド名価格
消費電力、波長特徴
OPI¥32,80040W
自動始動センサー付き
ラピジェル¥22,00030W
405nm
海外使用可
自動始動センサー付き
プリジェル¥15,00022.25.27W
395〜405nm
内臓ファンスイッチ付き
ライトパワー調整スイッチ
フルーリアジェル¥28,00036W
395〜405nm
内臓ファン搭載
タイマーボタン
デジタルモニター
ジュエリーネイル¥25,00030W
405nm
自動始動センサー付き
美白ケアLEDランプ内臓
※美白ケアはジェル硬化と同時使用不可
ビューティーネイラー
¥30,00036W
405nm
海外使用可
4段階タイマー付き
KOKOIST¥17,7508W
375〜405nm
リーフジェル¥34,000LED:16W
UV:36W

LED:405nm
UV:365nm
LED、UVの切り替えが可能

ワット数が低いものも参考として入っています。

ワット数が低いと少し価格も安くなっていますね。

 

自動始動センサーが付いているものが増えてきています。

今では、ほとんどのライトはフット対応しています。

 

 

一覧の一番下の「リーフジェル」から出しているものは「LED、UV切り替え機能」が付いています。

なんと!!

1台で2つのライトが使えるんです♫

すごいですね!

 

愛用ジェルがLED対応、UV対応の両方持っっている場合はとても便利です!!

LEDのワット数を見ると「16W」ですが硬化時間が遅いわけでもないので、両方使用する方には断然リーフジェルのLEDライトがオススメです♫

 

まとめ

LEDライトの購入は、デザインや安さだけで選ぶのではなく、しっかり内容を確認の上で選びましょう!!

 

選ぶ優先順位はこちらを参考にしてみて下さい♫

愛用ジェル

ワット数

波長

価格

デザイン

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る