ジェルネイルの完全硬化と仮硬化の違い✯上手く使い分ける方法♫

スポンサーリンク

ジェルネイルの仮硬化はなぜ必要なのか?

すべて完全硬化でいいのでは?

との疑問をもっている方がいるようなので、その違いについて説明していきたいと思います✯

 

ジェルネイルとはどのようなものなのでしょうか!?

詳しくはこちら

 

 

仮硬化の必要性✯

完全硬化とは言葉の通り、完全に硬化させることです。

ジェルブランドによって異なりますが、表記されている秒数ライトをあてて硬化させます。

 

すべて完全硬化でいいのでは?

と疑問をもたれるかもしれません。

 

なぜ、仮硬化をするかというと「時間短縮」の為です。

これが一番ですね★

 

 

どれくらいの時間短縮になるかというと

LEDライトで完全硬化が30秒だとして、仮硬化は10秒程度です。

20秒も短縮になります。

スポンサーリンク

 

 

また、ジェルでアートをする場合はセルフレベリングしてアートが崩れてしまうので1本ごとに硬化させますが、

すべて完全硬化にしてしまうととても時間がかかります。

仮硬化をすることで複雑なアートも短時間で仕上げることができるようになります。

 

 

複雑なアートを描くときには全部描き終わるころには、最初に描いた部分がセルフレベリングして崩れてきてしまいます。

せっかくキレイに描けていたのに…..。

 

そんなことにならない為にも、ある程度描いたらセルフレベリングする前に一度仮硬化をしましょう!

なんどもライトへ入れることになりますが、数秒なので時間もそれほどかかりませんし、

崩れずキレイなアートを完成させることができます。

最後は必ず完全硬化して下さい✯

 

 

仮硬化、完全硬化を上手く使い分けて、

短時間でキレイアートをセルフレべリングで崩さないように描いてみて下さい✯

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る