ジェルネイル筆が汚い!試して!簡単筆のお手入れ方法が身につく✯

スポンサーリンク

ジェルネイルの筆のお手入れしてますか??

 

ジェルネイルの筆はさまざまな形状があるので使い分けていると、どんどん筆が増えていくと思います。

全部、筆を買い換えるとなると結構な金額になってしまいます。

 

なので、日々のお手入れが重要となってきます♫

そんな手間がかかるようなお手入れではないので、出来るだけ大切なジェル筆を長持ちさせる為にやってみて下さい✯

ジェル筆使用後のお手入れ、保管方法

使用後はペーパータオルで筆についたジェルと拭き取り、エタノールを含ませたペーパータオルで更に拭き取ります。
クリアジェルや薄いカラージェルなら最後にクリアジェルを少量付けて、筆の形を整えてキャップをして保管でOKです。

 

保管場所は冷暗所が最適です。

キャップをしていても紫外線の影響で筆が固まってしまいます。

日が当たる場所は絶対NG!!

 

色の濃いカラージェルの場合はエタノールを含ませたペーパータオルで拭き取っても、色が残った状態でキレイにジェルが取りきれません。
 

その状態で保管しておくとカラーが筆に色素沈着してしまうのです。

 

では、濃いカラーはどのように取ってあげるのがいいのでしょうか?!

✯ポイント✯

エタノールを含ませたペーパータオルで拭き取った後に、クリアジェルを付けるところまでは薄いカラーと同じです。
IMG_3813_JPG

たっぷりとクリアジェルをつけて、ペーパータオルやフォーム台紙などの上で筆を優しく左右に動かします。
IMG_3815_JPG

すると、あら不思議!!
カラージェルが浮き上がってきます✯
IMG_3816_JPG

浮き上がってきたカラージェルをペーパータオルで拭き取ります。
何度が繰り返して、カラーが浮き上がって来なくなったら最後にクリアジェルを少量、筆に含ませてキャップをして保管します。

スポンサーリンク

この浮き上がってくる感じが、私はめっちゃ好きです♫

楽しくなってきちゃいます(笑)

 

 

ネイルフォーム台紙は、ジェルを混ぜ合わせて使用する時やアクリル絵具のパレットとしても使用出来るので取っておくといいですょ〜♫

使い道がたくさんあります!

 

ひどく汚れている場合は?!

毎回のお手入れをしっかりしていても、汚れが蓄積されて筆が使いずらくなってきたり、

カラージェルが筆の奥の方に残っててキレイ拭き取れなくなってきます。

 

 

その場合の対処法はブラシクリーナーを使用します。

ダッペンディッシュに少量のクリーナーを入れて、筆の汚れを落としていきます。

 

 

汚れが落ちてくると、徐々にクリーナーが濁ってきます。

最後にペーパータオルで拭き取ってクリアジェルを少量含ませて保管です。

 

 

筆が固まってしまった場合

固まってしまった場合の対処法は、ダッペンディッシュにクリーナーを入れて筆にクリーナーを十分に含ませます。

 

その後、アルミホイルで筆を巻いて30分程度置いておきます。

すると、固まっていたジェルが筆から溶けて出てくるので、ペーパータオルで拭き取ります。
※アセトンを含ませるやり方もあります。
コットンにアセトンを含ませてアルミホイルで巻きます。

 

筆の奥に入っているジェルは、ウッドスティックで優しく掻き出します。

キレイに除去出来たら、クリアジェルを少量含ませて保管します。

 

アート筆編

アート筆の毛先がバラバラになってしまった場合はお湯につけるとすぐにシュッと元通りになりますよ♫
平筆などはお湯につけてもあまり効果がないようですが、最終手段としてやってみる価値あります。

ぜひ試してみて下さい☆

 

まとめ

ジェル筆はキレイになりましたか?!
筆は定期的にお手入れするのではなく、使用したらお手入れする癖をつけましょう♫
それだけで筆の寿命がのびますよ〜!

 

汚れている筆を使用していると、ダストや細かいゴミが入ってしまうこともあります。

ジェルネイルの持ちも悪くなる原因ともなります。

 

筆をキレイするように心掛けて、常にベストな施述が出来るように準備をしておくことが大事です♫

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る