ジェルネイルアレルギー放っておくとネイルできなくなる?!原因は?対策方法は?

ネイルアレルギー

スポンサーリンク

恐ろしいジェルネイルアレルギーとは?!

現在、ネイルといったらジェルネイルというほどジェルネイルを楽しんでいる女性の方はたくさんいます。
多くの方は、とくになんの問題もなく定期的にオフしてまたジェルをのせていろんなアートを楽しんでいると思いますが、ジェルネイルアレルギーのこと知っている方はどれだけいるのでしょう??

ジェルネイルアレルギーとは「接触性皮膚炎」という症状のことです。
主にアレルギー体質の人がなりやすいそうですが、突然発症してしまうことあるので誰にでも起こりえることです。

一度発症してしまうと完治させることは現在の医学ではできません。
だからそこネイルを楽しむ上でジェルネイルアレルギーのことを少しでも知っとくべきだと思います。
またネイリストはお客様に施術する際は最善の注意を尽くさなければいけません。
もちろんネイリスト自信のアレルギー対策も大事になります。
最悪の場合、ネイリストを続けるの困難な状態にもなってしまいます。
日頃からなんらかの対策を打っていかなければなりません。

 

ジェルネイルアレルギーの症状は?!病院にいったほうがいいの?

アレルギー症状としては「かぶれ」になります。
かゆみ、赤くなる、腫れ、水泡ができます。

 

発症して初めに起こる症状はかゆみで、かゆいから無意識に掻きむしってしまい気づいたら赤くなり腫れてきます。
水泡がブツブツできはじめてそこから液体がでて、ひどい状態になるとジュクジュクになります。

 

そこから乾燥してカサカサになり皮が剥けていきます。
想像しただけで気持ち悪いし痛々しいです。
主に手に症状がでますがひどくなると顔、首にもでくるので早めに皮膚科へ行きましょう!
皮膚科で処方される薬はステロイドになるかと思います。
症状が出始めた時点ですぐに皮膚科へ行けばひどい状態になる前に症状を抑えられます。

 

なぜジェルネイルでアレルギーがおこるの?!原因はなに?

ネイルアレルギー、病院

ジェルネイルは多くの化学薬品を使っているので原因として考えられるものはいつかあります。

ジェルネイル

アセトン

エタノール

スポンサーリンク

UVライト紫外線

一番の原因となるのがジェルネイルの中に入っている化学物質の「HEMA」というものです。

この「HAMA」はアレルギー誘発物質なのです。

ジェルネイルが爪からはみ出して肌につくとアレルギー症状を引き起こします。

 

他に考えられるのはアセトン、エタノールです。

アセトンはジェルネイルをオフする際に使用する溶剤、エタノールは消毒液です。
ジェルネイルする際に毎回使用するものです。

 

UVライトも一つの原因になりえます。

紫外線のアレルギーが考えられます。

 

発症してしまったら?アレルギーになりたくない!対策は?

どんなに気をつけていてもアレルギーを発症してしますことがあります。

発症してしまった時の対処方法、対策を考えていきましょう!!

 

素手で薬品に触らないようにする。薬品に触れると症状がでてしまいます。

安全なのは手袋をすることです。
でも問題なのがネイリストがアレルギーになってしまっている場合、お客様を接客する際に手袋って…。
見た目もよくないし指先が動かしにくくなりますよね。
そんな時は皮膚保護クリームを使用するといいです。

ジェルネイル施術前にクリームを塗ると皮膚が保護されるので症状がでにくくなります。
オススメのクリームは「ケロデックスクリーム」です。
100gので¥1300円程で購入できます。

 

施術後にはしっかり手洗いをすること!!

道具の洗浄!使用した道具、デスクなどはキレイに掃除、洗浄すること!

マスクは必ずし、集塵機を使用して換気をしっかりすること!

施術中、ジェルが皮膚に付着しないように気をつけること!

もし付着してしまった場合はすぐに拭きとり、手をしっかり洗うこと!

未硬化ジェル拭きとり時、一回一回ワイプをかえること!

同じワイプを使うとワイプについた未硬化ジェルが皮膚に付着してしまいます。

 

このように対処方法、対策はいくつもあります。

中々、面倒なこともありますがアレルギーは一度発症していしまったら完治は難しいです。

そのことを踏まえてできる限りの対策はとっていくべきでしょう!!

 

まとめ

ジェルネイルアレルギーがどれほど恐いものか少しは理解できたでしょうか?

実際に発症してみないとその苦労はわからないのかもしれません。

でもアレルギーは発症したら一生ってことを忘れないで下さい。

 

アレルギーの知識がないがためにお客様を発症させてしまうかもしれない。
そんあことあってはなりません。

そしてなにより、ネイリストを続けることも困難になるかもしれない。

 

最悪なことになる前にアレルギーを理解し対策をしていって下さい。

これからもネイルを楽しみ続けるために…♪

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る