ネイルオフ中は引火の危険性アリ?!アセトンの沸点低い! 

スポンサーリンク

ネイルを楽しむ上でアセトンの危険性について知っておく必要があります。
 

アセトンは、ネイルをやる方なら一度は必ず使用したことのあるモノだと思います。
基本的にオフの時に使用するものです。
 
 icon-check-square-o ポリッシュリムーバー
 icon-check-square-o アクリルリムーバー
 icon-check-square-o ジェルリムーバー
 
この中に含まれるアセトンとはどのような危険があるのでしょうか?!
 

ポリッシュリムーバーは、ノンアセトンのモノがあったりしますが、それなら安全に使用できるのか?
 
そもそもアセトンってよくわからないという方のために、アセトンについてご説明します。

アセトンってどんなもの?!

IMG_0848_JPG
アセトンは揮発性の成分を含む化学品です。
 

揮発とは、蒸発するって言った方がわかりやすいのかなと思います。
空気中にアセトンの蒸気が上がっていき、部屋の中に滞留します。
 

アセトン入りのリムーバーがいつの間にか減ってるってことありませんか?
 
それが、まさに揮発しているってことです。
もちろん体への害となります。
 

さらにアセトンは、プラスチックを溶かします。
 

リムーバーを使用してジェルやアクリルをオフする際に、溶けているのを見たことはありますよね?
 
プラスチックを溶かすことができるほど、強いものということがわかりますね。

引火する

burning-match-911167_1280_jpg
アセトンは沸点が56℃程度と低いです。

 

実際にアセトンにどのように引火してしまうかというと、アセトンの液体自体に直接引火するわけではありません。
 

揮発して空気中にアセトンの蒸気に引火するのです!!
アセトンの液体自体に火を近づけなければいいわけではなく、部屋全体に気を配らなければなりません。
 

また、静電気の火花でも引火してしまう危険性があります。

それ危ない?!

ce3dec77c95a5b2b84a1e86443aff6a5_m_jpg
アセトンが引火しやすいものってのは、よ〜くわかって頂けたのではないでしょうか?!
 
ネイル施術中についやってしまうことが、オフ中のたばこです。
これホントに危ないので、オフが終わるまで我慢して、完了したら部屋の外へでて吸って下さいね。

スポンサーリンク

 

前に出張したお宅で、お客様がオフ中にたばこを吸いたいと言っていて、止めましたが我慢できずに吸ってしまいました。
 
その瞬間、前髪がチリチリと燃えてしまったのです!!
 
まだ、前髪だけだったからよかったものの、もっと大きな火が出てしまったら、火事になりますよね。

 
そんな実話もありますので、オフ中のタバコは絶対にやめましょうね。

ノンアセトンリムーバーは安心?!

「ノンアセトン」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
出典:https://fril.jp
アセトンが入っていない、ノンアセトンリムーバーなら安心して使えるってのは大きな間違えデス!!

 

ノンアセトンリムーバーには、もちろんアセトンは入っていませんが、「酢酸エチル・酢酸ブチル・メタクリル酸エチル」などの成分を含んでいます。
 
この成分は、アセトンより少し力は弱いものの、同じようにプラスチックを溶かすし、揮発性もします。
肌に浸透しやすく、アレルギーになりやすいのは、アセトンと何ら変わりまりません。
 

なので、ノンアセトンだから肌にイイとか害がないとかではありません。

ネイルソルベルトも同じ?!

ポリッシュは、何度か使用するとドロッと粘度が固くなり、使いづらいですよね。
だからといって、まだたくさん入っているポリッシュを捨てるのももったいないです。
 

そんな時、ポリッシュをサラサラにしてくれるのが、ソルベルト!一度は使用したことがあるのではないでしょうか?
 

このソルベルトの成分の中には、「酢酸エチル・酢酸ブチル・メタクリル酸エチル」が入っています。
 

実は、ポリッシュの中にも「酢酸エチル・酢酸ブチル・メタクリル酸エチル」が元々入っているんですよ!!
しかし、揮発性があるので何度か使用していくうちに、どんどん揮発してなくなってしまいます。
 

すると、ポリッシュはドロッとしてきてしまうのです。
ソルベルトには、揮発してなくなった成分を補充するといった役割があるのですね。

まとめ

アセトンの取り扱いには注意しなければいけないってことがわかりましたね。
 

爪にも良くないし、揮発して空気中にある上記も体に害です。
 

換気をこまめに行うことも大事ですし、引火しないように慎重に保管する必要がありますね。
 
ホコリなどが溜まっていると引火する危険性が上がるので、掃除をすることもとっても大事ですよ。
 

楽しくネイルをやるために、火の気が無い場所に保管し、使用後はしっかり換気を行うようにしましょうね。

 

正しいジェルのオフ方法↓
危険!!自爪がボロボロ..正しいジェルネイルオフ方法を学ぼう✯
 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加数
ページ上部へ戻る